学会について

理事長あいさつ


ご 挨 拶

2016年10月吉日
北陸体育学会理事長  堀田朋基

 本学会は、北陸3県の体育・スポーツに携わる研究者や教育者を中心に組織された学会で、現在120名を超える会員が所属しています。会員は、体力・スポーツ競技力の向上や健康増進をはじめとする地域の皆様のQOL向上も含め、スポーツ・健康・体育に関するさまざまな課題に日々取り組んでいます。またその成果は、年度末の学会発表や機関誌「北陸体育学研究」への研究論文掲載として公にされています。さらに、特定のテーマに基づいて公開シンポジウムを開催し、地域の方々へのスポーツ・健康に関する啓蒙活動にも取り組んでいます。昨今、北陸地域でもプロスポーツチームがいくつか産声をあげ、スポーツに対する見方が変わりつつあります。一方で超高齢化社会に対応するための介護予防対策として、体育の必要性も叫ばれています。このように、スポーツ・健康・体育に対する要望はこれまで以上に多様化しています。このような社会情勢に鑑み、本学会は狭い専門家集団にとどまらず、幅広い分野の方々に仲間になっていただき、スポーツ・健康に関する情報を地域の方々に発信していく所存でございます。本学会へのご指導・ご支援を心よりお願い申し上げます。